在宅ワーク内職のススメ

在宅ワーク内職のススメでは内職に関するコンテンツを紹介しております。手作業内職・ネットないしょく、リアルnaisyoku,在宅ワーク・SOHO等の知識の確認にお役立て下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

目的ローンとフリーローンとキャッシング

目的ローンとフリーローンというものがあります。 その二つはまさに対極にあると言っても良い存在です。 同じローンでありながら、 その中身は大きく異なりますのでぜひ事前にチェックしていただきたい存在です。 他にもキャッシングがありますが、やや使い勝手が違います。 キャッシングには即日融資というのがあるので⇒キャッシング 即日融資 急いでいる人向けです。 私もキャッシング即日融資には助けてもらっています。 ところで、目的ローンとフリーローンの違いというものですが、まずは借りたお金の使い道があります。 目的ローンは使う目的が決められているものになります。 だからこそ目的ローンと言われています。 代表的なものとして、住宅ローンや自動車ローン、ブライダルローンや学資ローンなどがあります。 それぞれはそれぞれの分野に入っているものにしかお金を使うことができません。 一方で、フリーローンは使い道には大きな制限はありません。 一部では例外もありますが、なんにでも使って良いです。 旅行資金に使っても構いません。 飲食代金に使っても買いまいません。 生活費が足りなくなった時に使っても構いません。 以上のような使い道の違いがあるわけです。 また、金利の違いも見逃せません。 目的ローンの場合は基本的に金利は低めに設定されています。 有利な金利での貸し出しを実現しているわけです。 一方で、フリーローンは金利は高めに設定されてしまっています。 その点をマイナスと捉える方もいますので、金利は注意して確認すべきです。

スポンサーサイト

PageTop

私が昔付き合っていたウザイ彼女

私の以前付き合っていた彼女はとてもウザイ彼女でした。 その彼女は私が高校3年生のときに同じクラスの子でクラスの中でもとても人気があって顔も学年でベスト3に入るくらいの可愛い子だったので夏休みの前に私の方からダメもとで告白したのですがまさかのOKをもらえてもうそのときは幸せの絶頂だったのですがそこから悪夢の日々が続いて行きました。 夏休みに入りますと毎日朝彼女から電話がかかってきまして彼女が通っているダンススクールまで自転車に乗って送って行かされ夕方レッスンが終わるとまた電話がかかってきて彼女の家までまた送って行かされ、夜は夜で友達とカラオケに行くから付いてきてと誘われると必ずそこのお店の料金を全部払わされ挙句にはアイドルグループのコンサートのチケットまで並んで買わされほとんど彼女の奴隷のような感じで付き合っていて窮屈な毎日でした。⇒窮屈な毎日 あまりにも彼女の横暴な態度似我慢ができなくなったので夏休みの終わりに私から別れ話を切り出したのですがその時彼女が泣いて別れるのはやめてと言ったのでそのまま付き合うことにしたのですが、その後も結局彼女の横暴な態度が変わらなかったので冬休みの前に私から別れを告げて付き合うのをやめ窮屈な毎日から解放されました。 顔はとても可愛かったのですが性格が兎に角酷かったのでこの時付き合うときは顔だけで選んではだめだなと勉強しました。

PageTop

節約生活を楽しむー食べ物編

 割合安定した収入があった時代から再び学生に戻り、貯金とアルバイト代で生活する毎日。自分の好きなことができて充実の反面、社会人時代は何も気にせず服や化粧にお金をつぎ込んでいたことに気づきました。もちろんそれはそれで楽しかったのですが、今思えばすごく無駄遣い。今見ると着れなくなってる服もあるし、自分にあまりあわなかったのに高いから効果あるかもと思って買ってみた化粧品・・お金を借りるのも気にせずキャッシングをしたりしていました。⇒お金を借りる  節約生活を楽しんでみました。まずは毎日のこと、食べ物編。買い物に行くと必ずこれも買いたいあれも買いたいと思うのでいく回数を減らしました。なくても大丈夫なのに見ると欲しくなってしまうのが人の性。そして旬のものがやはり安いのでそれを大量に買ってきてすぐに使えるように処理しておきます。   例えば旬の野菜が安ければ大量に買って、帰ってきたら半分は浅漬けの元など振っておいて、すぐ食べられる一品を作っておいたり。こうすると料理の時間短縮にもなりますし、もう一品というとき困りません。  後はできるだけいろんな人にレシピを聞くことです。人って頼られるとうれしいもので、「○○さん、料理上手そう、安くて美味しいもの簡単レシピ是非教えてください」と言うと喜んで教えてくださるのです。自分も助かり、相手も気分良くなり、またいいレシピがあれば教えてもらえます。

PageTop

オーガニックで家庭菜園しています

庭の一角を畑にして、家庭菜園をたのしんでいます。 肥料には酵素をつかっていて、オーガニックで野菜を作っています。オーガニックで野菜をつくると、安心して食べることができますから、お店で買うよりもずっといいです。 肥料は酵素入りのものをホームセンターから買って来て与えています。 ⇒無添加 今の季節なら、ゴーヤが育って、ツルが巻き付いて、西日をよけるのにちょうどいいように日よけになっています。 それから、トマトが真っ赤に熟していて、味が濃くて甘くてとっても美味しいです。 本来のトマトの味を知ったような気分になれます。まるでフルーツのように甘いトマトが出来ています。 ゴーヤは天ぷらにすると苦みが少なくなって美味しくいただけます。 それにカボチャも今の季節、大量に出来ています。 キュウリは一晩ですごく大きくなってビックリしてしまいます。 オーガニックで作っているからか、成長が早いようです。 夏の季節にはモロヘイヤが作りやすいです。他の葉ものに失敗しても、モロヘイヤは元気に育ってくれます。 オーガニックは安心して口に出来る野菜を作ることができます。 ものによっては虫食いにあって、ダメになってしまうものもありますが、虫が食べたくなるほど安心なのです。

PageTop

離婚の原因を妹のせいにするウチのダメ兄貴

ウチのダメ兄貴は大学を卒業してすぐに恋愛結婚をしました。 本当は父が2〜3年待ってから結婚するように言ったのですが、女性のほうが、早く結婚したかったらしく、お見合いがあるというようなことを言って、兄貴をせき立てたようです。 それで結婚してアパートに暮らしていましたが、私はお嫁さんとは仲よくしていました。 私はまだ10代で、何がどうなったのかわかりませんが、結婚して半年後、離婚することになったのです。 そして、私は渡米してニューヨークの大学に進学しました。 それからずっとニューヨークに住んでいましたが、私が日本に帰国すると、自分の恋愛の相談に乗って欲しいと言って来るようになりました。 そのどれもが余りにもくだらなくて、いい加減目を覚ましたらどうなの、と言いたくなりました。ダメ兄貴は女性にいいように扱われて、むしり取られていたのです。 そして、最初の奥さんだった女性に未練たらたらで、離婚した原因は私にあると言い始めました。私は喧嘩したこともないし、仲よくしていたので、そんなことはないのに、勝手に人のせいにするのです。なにをしても、失敗すると人のせいにするのです。 男らしくなくて、女々しくて、少しも懲りないウチのダメ兄貴です。雷や台風を怖がるようなチキンです。⇒台風 最近ではゲリラ豪雨も怖がり始めました。これだから、なかなか再婚は難しいと思います

PageTop

会社の同僚との一夜

 以前会社に35歳の女性がいた。化粧をすると肌が荒れるとのことで、薄化粧で会社に来るような子だった。  仕事で一緒に話す事が多くなり、しゃべってみると結構いい子だなと思った。  相手もそう思ってくれたらしい。  彼女の課の飲み会に参加してくれと彼女の上司から誘われ、断る理由もなく参加した。  彼女の課をかなり助けてあげたから、接待してもらったようなものである。  その日の帰り、乗る電車の駅が一緒だったため一緒に帰ったが、彼女からもう一軒行こうかと言われた。  自分も少し好意を彼女に抱き始めたころだたため、断る事もなく一緒に二件目の居酒屋に行った。  居酒屋で彼女が、どうしても男の人と付き合うのが苦手だったけど奥さんがいる人だと安心して話ができるんだと嬉しそうな顔をして言っていた。⇒アクセスアップ  どうも、独身男性と話をすると相手を意識し過ぎるようである。  自分は、あまり深い事を考えない方がいいよと言った。  彼女は自分よりお酒は強いのだが、かなり飲んだらしく自分の横に来て倒れかかるように寄り添ってきた。  彼女の胸元がちらちら見えるほどの距離に近寄ってきてさすがに少し視線をずらしたら「もっと見て」と言って自分の顔を見つめていた。  何を言いたいのかは十分に分かった。  その日は、まだ少し早かったため、家に電話して遅くなるからと連絡した。  彼女と居酒屋を出て近くのホテルに連れて行った。  二人とも飲んでいたため大した事も出来なかったが、初めて体を合わせた。  今は彼女も結婚し、めでたく寿退職となった。

PageTop

ナンパしてきた人についていき、浮気を繰り返したあの日々

20代の頃の私のことですが、とてもセックスが好きで、 毎日しないと、イライラするような日々でした。 当時の私は彼氏と同棲していて、半年くらいは毎日していました。 しかし、半年過ぎたころ、 彼が疲れているとか、毎日できるわけないだろとか、 言うようになり、だんだんセックスレスになっていきました。 やっぱり毎日してると、普通は飽きるものなんですね。 でも私は飽きなかったので、彼との生活がとても不満でした。 たぶん小さなころに親にあんまり愛情をかけてもらえず、 愛に飢えていたため、セックスするときの相手のぬくもりが嬉しくて、 毎日求めてしまうのだと、自分では思っています。 どちらかというと、セックスに対して、 快感よりもぬくもりを求めてしまっていると思います。 ある夜、友達と食事をした後、 帰宅途中にナンパしてきた人と、ホテルへ行き浮気をしました。 そこで久しぶりに抱かれて、私はとても安心しました。 ⇒JCBドライバーズプラスカード審査甘い それがきっかけで、夜遊びに行った帰り道、 すぐに帰らずフラフラ歩くようになり、 ナンパしてきた人に、ついていくようになりました。 危ない目に何度かあったりしましたが、私はやめられず、 数年そんなことが続きましたが、ある時もうやめようって思えました。 大切な人に出会ったからです。 彼はセックスなしに、いつでも私を優しく抱きしめてくれました。 そのおかげで、私は変わることができたのです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。