在宅ワーク内職のススメ

在宅ワーク内職のススメでは内職に関するコンテンツを紹介しております。手作業内職・ネットないしょく、リアルnaisyoku,在宅ワーク・SOHO等の知識の確認にお役立て下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

看護師における在宅看護

看護師の仕事で在宅看護というのがあります。 在宅看護という言葉は、だいぶ浸透していて聞き慣れている方は多数いらっしゃいますよね。 看護師における在宅看護をする場合、看護師として経験年数が多い方が良いのです。それは何故か。色々な事を看る観察力・洞察力、そこからどうしていけば良いかの判断力が必須だからです。 在宅看護という仕事内容は、工夫を凝らして行います。病院での看護の提供であれば、必要物品が揃っているのでベッドサイドに何か物を忘れてしまっても、取りに戻れば良いのです。しかし、在宅という患者の家ではそういう事が出来ません。しっかりその日に行う事を計画して書き上げ、必要物品の準備を行います。 その必要物品の工夫は、経験が物を言います。家庭にあるあらゆる物で対処し看護に使うのです。 ⇒看護師 求人 離島 ベッド上でシャワーが欲しい時、簡易シャワーは売っていますがそれを買うお金が無い場合が多々あります。そんな時はペットボトルに適温のお湯を入れ、キャップにキリ等で穴を開け、シャワーのようにお湯が出るようにする。 ベッド上でそのシャワーを使って髪を洗おうと思えば、体の下にレジャーシート等を敷き、布団が濡れないようにします。その上に大きなオムツを敷いて頭を洗うとお湯をオムツが吸収してくれるので、どこも濡らす事なく洗髪が出来るのです。 在宅看護の時間内だけでも、足を温めてあげたい、湯たんぽとかではなく温めてあげたいと思えば、蒸しタオルで足を包みビニール袋で覆い、その上にタオルをかぶせて温度を保つ。これだけでも、凄く気持ちが良い物です。これにアロマオイルを数滴垂らしてあげるとまた違ったリラックスが出来ます。 在宅看護は、看護師の経験年数だけではなく、看護師自身の生活の知恵も関わってきます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。