在宅ワーク内職のススメ

在宅ワーク内職のススメでは内職に関するコンテンツを紹介しております。手作業内職・ネットないしょく、リアルnaisyoku,在宅ワーク・SOHO等の知識の確認にお役立て下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

私の知っているダメな医者

母がガンの診断をされた時の話です。 血液内科系のガンだったため、田舎で暮らす母の近辺にある 病院には、血液内科がなく、血液内科のある病院へ 移ろうという話にもなったのですが、担当医が 「以前、血液内科にいたからわかる。」 ということで、移らずそのまま入院することにしました。 コーヒーを毎日飲むとガンにならないと聞いてコーヒーマニアになった母でしたが ⇒コーヒーマニア  努力の甲斐なくガンになってしまいました。 普通なら、患者はもちろん家族に何かしら話があると思うのですが、 何も説明もなく、抗がん剤治療を開始されました。 不審に思い、インターネットで母の病気を調べてみると、 母の癌には様々なタイプがあり、まずは骨髄から一体 どの型の癌にかかっているか調べて、その型にあった 抗がん剤治療を始める必要があると書かれていました。 でも、母は骨髄検査を受けていません。 色々考え、セカンドオピニオンをどこかの病院にお願いしようと思い立ちました。 そのことを医者に話すと、威圧的な態度で 「調べなくても、大体わかる。」 とか、散々なことを口にし、最終的には 「あなたたちが、私に全面的に押し付けたんでしょう。」 と言うような、自己弁護を始めました。 こんな医者と話をしていてもらちが明かないし、 母の命が大事だと思い立ち、すぐにセカンドオピニオンの病院を探して 母を連れて行きました。 そこにはきちんと血液内科もあり、先生もとても信頼できる話し方をされる方で 安心して任せられると思い、転院したのは言うまでもありません。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。